309 :名無しさん:2007/10/15(月) 16:51:58
おかしな雰囲気になりませんよーに

低い構えを取りながら、右回りにリング内を回りながらジリジリと間合いを詰めていく。
そして、右手をあげて、力比べを求める霧島レイラ。警戒しながらも右手を上げ、一気に霧島の右手と組ませる。そして自分の左手も上げるマッキー上戸。
しかし自衛官志望ということもあったのか、パワーでは霧島のほうに分があるようで両手での力比べの状態から手を返して、マッキーの手を絞りながら一歩一歩ロープ際まで押し込んでいく霧島。
そして、ロープまで押し込むと手を離し、ロープを背にした状態のマッキーの胸元に鋭いエルボーを打ち込んでいく。
マッキーも負けじと右エルボーで反撃。霧島が距離をとったところで、右のローキック続いて左と連続で決めていく。
狙いすましたマッキーのローキックが霧島の右足に連続ヒット、たまらずマットに膝をついてしまう。
しかしそれ以上の追撃を許さずローキックを受けた足を軽く振りながら、マッキーとの間合いを詰めていく。懐に潜り込むと、腕を捕らえて巻き込むように投げるアームホイップ。
マッキーが立ち上がったところを同じように、ドンとこれを3回投げ飛ばす。
3回目で、受身を取った反動で前周りで距離をとって立ち上がるマッキー。
再び左右のローキックで霧島が距離をおいたところで、一気に加速し、バックを取る。早くもジャーマンの体勢の会場が沸きあがるが、バックを取りにきたマッキーの顔面にエルボーを連打し脱出。
顔を抑えるマッキーの髪の毛を鷲掴みにすると、そのボディに腕を回し逆さまに持ち上げてパイルドライバーで落そうとする霧島。
落とされまいと必死に暴れるマッキーの頭を膝で2,3度蹴りつけると、両膝で頭を挟み込むとパイルドライバーが決まる。
霧島が手を放してしばらくしてからマッキーの体がドウンと音を立ててマットに倒れこむ。
意識はあるものの、なかなか起き上がれないマッキーの体を無理やりに起こすと、股間から腕を通して抱えあげると、基本技ボディスラムでマットへと叩きつけて行く。
再び髪を鷲?みにして起き上がらせると、グロッキー気味のマッキーを押さえ、そのお腹に強烈な二ーリフト。膝が次々に腹部に突き刺さり、口から漏れたものがリングを汚していく。
しかし、朦朧とする意識の中、膝蹴りの足を腹部に食い込んだ瞬間にキャッチし、そのまま霧島の頭を抱え込み、起死回生のフィッシャーマンスープレックス。
ドウッと投げ飛ばされる霧島と力尽きたようにリングに大の字になるマッキー。両者ともなかなか立てずにいると、レフリーがカウントを取り始める。
先に立ったのは霧島。ふらふらとしながらもマッキーを抱き上げるとベアハッグで絞り上げる。
さらに、身体を反らせる事でマッキーの身体を自分の身体の上に乗せ、踏ん張りを効かなくする霧島。有効では有るが、その分体力を消耗する……汗を流して必死に支える。
マッキーもなんとかロープに触れようと手を伸ばすが、その度にゆさゆさと揺すられ、か細い悲鳴を上げる。
しばらくしてマッキーの目がとろんとなり表情もどこか虚ろになり、先ほどまで伸ばされていた腕も重力に従いダランと下がるのみ。レフリーが駆け寄り意識の確認をするが、失神しているのがわかり慌ててゴングの要請をする。
動画 アダルト動画 ライブチャット