788小手反:2009/07/21(火) 01:40:59

大空みぎり VS 菊池理宇

突貫ファイトが売りとはいえ、あまりにも無謀な戦いだった。
女子プロ界最大といえる、190cmのみぎりに対し、菊地は155cm。
いかにジュニアチャンプとはいえ、35cmの身長差は絶望的な壁だった。
・・・だが、それでも菊池には戦わなければならない理由があった。
病院おくりにされた敬愛するマイティ祐希子の仇討ちだった。
たとえ、勝てなくても一矢むくいる。その一念で無謀なカードを理沙子に頼み込んで実現したのだった。

「菊地せんぱーい、ホントにいいんですかぁ?死んじゃってもしりませんよぉ?」
体を屈め、のんびりとした口調で話し掛けるみぎり。
「う、うるさい!、祐希子さんのカタキとってやるから!」
改めて、身長差を思い知らされながらも気丈に言い返す菊地。

そして運命のゴングが鳴らされる。
カーーーン!
それは、これから始まる惨劇の開始の合図でもあった。

「組んだら力負けする・・・・まずは距離をとらないと」
ジュニアとしての身軽さを利用して、ヒット・アンド・アウェイを駆使する菊地
「え?・・・・あれぇ?」
のんびりした性格と、身長差からくる死角が災いしてか、菊地の戦術に翻弄されるみぎり。

だんだんと赤くなっていくみぎりの左足にもしかしたら、善戦するのではないか?皆がそう思い始めた開始5分だった。

左膝への集中攻撃から、バックステップで距離をとろうとする菊地に
「え〜い」
追いすがるつばさが次々と脳天チョップを振りおろす
「遅い!遅い!」軽やかにステップでかわす菊地
・・・だが、
「にがしませんよぉ〜」
さらに振りおろされた一撃は
「だから、遅いっての!」
・・・ドカッ!
「・・・しまった!?」
いつの間にかコーナーに追い込まれていた。
そして、ポストとロープに阻まれ避けきる事はできず。
ゴキィィィィ!
「ぎゃああああああああ!?」
右鎖骨に容赦なく振りおろされた。
骨折こそ、なかったものの、確実にヒビはいっている。
「くぅぅう・・・なんのぉ!」
ひざをつきながらも決死で、立ち上がろうとした菊地の眼前に
「え?!」
ドカァァァァ!
「ぶぅぅうぅぇぇぇぇぇぇ!」
追い討ちの右膝が炸裂、横っとびにふっとばされ一瞬意識がトブ。

「う・・・・あ・・・」
朦朧とした菊地を抱えあげ、ロープに腕を絡ませながら
「もぉ、にげられないですよぉ?」
ニヤリと笑うみぎり・・・それは昆虫を面白半分で解体する子供のように、無邪気で残忍な笑みだった。
「左膝・・・とーっても痛かったんですよぉ?・・・これはぁカタキウチですぅ」
ドゴォッ!
「うぅぅぅえぇぇぇぇっ!」
硬いロープが限界までしなるほど、巨大な膝で高く打ち上げられる菊池の小さいからだ。
逃げ場のないパワーは容赦なく菊地の華奢なボディを押しつぶす。
ドゴォッ!!ドゴォッ!ドゴォッ!
何度も何度も炸裂する膝爆弾に
「うぅぅぅぇ!・・・ぶぇぇぇぇぇぇ!・・・・・・・えぅぅぅぅがっぶぁっ!」
壊れた噴水のようにドボドボと反吐まき散らす菊地。
「きゃっ?・・・汚いなぁ・・・もぉ」
巻き添えをくらって、思わず尻もちをつきながら、離れるみぎり。
そして、
「う・・・・あ・・・・」
束縛から開放され、壊れた人形のように崩れ落ちる菊池。

惨劇はこれで終わり・・・だれもがそう思っていた。

789小手反:2009/07/21(火) 01:43:56
だが、
「もぉ、落ちないなぁ・・・・汚いなあぁ・・・」
みぎりはコスチュームについた、反吐をぬぐうのに気をとられいた
だが、菊池は朦朧としながらも闘志はまだ残っていた。

「うぉぉぉ、まっけるもんかぁぁぁぁぁ」
{・・・えっ?!」
起き上がり、ロープの反動を利用して最後の力を振り絞って放った短距離のフライングニールキック。
決まれば、奇跡の逆転もありうる一撃だった・・・・・・・・
・・・・ドゴォ!
「ぎ・・・・・あ・・・・・・」
・・・・だが、その一撃はとどく事はなかった・・・・
「・・・・・う・・・・・・あ・・・・・な・・・ん・・・でぇ・・・?」
・・・・・大開脚した菊池の股間には、無常にも、振り上げられたみぎりのつま先が真下から突き刺さっていた。
ドサッ、
「・・・ぅ・・・・ぇぇ」
股間を抑え、声もなく悶絶する菊池。
「あー、びっくりした」
偶然とはいえ、カウンターを決めたみぎりが起き上がる。
「びっくりしたから、お仕置きです。」
運命の女神にすら見捨てられた哀れな天使を持ち上げる生物災害。
「さぁ、たかいたかーい」
股間を抑えたままの菊池をそのまま高々と抱えあげえるみぎり、
まるで子供におしっこをさせるような姿勢だ。

「・・・え?・・・いやぁぁぁぁぁぁぁ!?」
あられもない姿をさらされて、
「おろしてぇぇぇぇ!、おろしてぇぇぇぇ」
もはや、菊池は復習に燃える闘天使ではなく、羞恥に怯える少女ように泣き叫ぶ菊池。
そしてみぎりは
「はーい、じゃあ、おろしますよぉ!」
グキィィィィィィッィイ!
「みぎゃああああああああああああああ!」
落差1メートル以上の急降下アトミックドロップが菊池の股間に突き刺さる。
チョロチョロ・・・・
「・・・・・え?・・・・ぁぁぁあ・だめぇ・・・いやぁぁっぁ」
酷使された股間から、失禁する菊池。
「あれあれ?・・・やだなぁ・・・きたないですよぉ?また汚れちゃう・・・・そうだ!」
コスチュームが汚される前に、菊池を再び持ち上げ、歩き出すみぎり
「いやぁぁぁぁ、もぉぉ・・・もぉっ・・・ゆるしてぇぇぇ」
痛みと羞恥とで弱々しく懇願する菊池。
「もぉこれで終わりですよぉ?」
「え?」
菊池が下を見るとそこはコーナーポストの真上だった・・
「・・・・ま・・・まさか・・・・」
これからおきることにガクガクと歯を震わせる菊池
「そのまさかですぅ!」
ニッコリと満面の笑みを浮かべるみぎり
「これなら、一撃です。私もよごれないし」
「・・・・そ・・・・そんなぁ・・・む・・・むりぃ・・・・し・・・しんじゃう・・・・」
ブルブルと震えが全身に及ぶ菊池に耳元でやさしくささやくみぎり
「大丈夫ですよ・・・・・・・人間は誰でも一度は死ぬんですから!」
グゴォォォォォォォォォッォォォォ!
「ぎ・・・・ぎみゃあああああああああっぁぁぁぁぁおおおお!」
鈍い音と人のモノとは思えない絶叫とが会場に響き渡り、
小便小僧のような姿勢でコーナーに叩きつけれた菊池が
・・・・ぴゅ・・・ぴゅ・・・ぷしゃあああああああああああ!・・・・グチャ
観客席に黄金水をまき散らしながら、自ら場外に作った湖へと墜落し


カンカンカンカーン!

こうして、無惨な返り討ち試合は幕を閉じた。


○大空みぎり  23分45秒 失神KO  菊池理宇×
           鉄柱アトミックドロップ
動画 アダルト動画 ライブチャット