79 :逆襲のrskさん5番勝負(幕間劇):2009/02/03(火) 01:22:46
南利美、ボンバー来島、ビューティー市ヶ谷、パンサー理沙子の4名が
マイティ祐希子への挑戦権を賭けて争うリーグ戦は、
早くも第1戦目で南利美が負傷欠場となる波乱の幕開けとなった。
なお、もう1試合のボンバー来島vsビューティー市ヶ谷戦は、
来島のラフ殺法に苦しみながらも何とか市ヶ谷が制している。

その試合で南は、理沙子の卍固めにより、左肩の脱臼と左ひじ及び肋骨の複雑骨折という
瀕死の重傷を負い、会場から救急車で搬送され即入院となった。

???「・・しみ、・・・利美。」

南「ううッ・・、痛ッ。」

???「利美、意識が戻ったのね。よかった。」

南「ミミ・・さん・・!」

???「うふふ、泉ったら本当に心配性なんだから。」

南「ゲエッ、理沙子さん!」

理沙子「こらこら、人をバケモノみたいに言わないの。肋骨もう2〜3本外してあげようか?」

氷の微笑みを浮かべながら理沙子が指をボキボキと鳴らす。

南「あわわわわわ」

本気で怯える南。

ミミ「も〜、理沙子ったらけが人をあまり脅かさないでちょーだい!」

理沙子「うふふ、冗談よ冗談。」

冗談にしてはシビアすぎる。


81 :逆襲のrskさん5番勝負(幕間劇):2009/02/03(火) 01:30:38
南「私あれから・・・」

ミミ「ずっと寝てたのよ。もう2日も意識失ったままだったから、本当に死んじゃうんじゃないかと思ったじゃない。
理沙子は全然心配してなかったけど。」

理沙子「私だってプロなんだから加減くらい知ってるわ。それに人間あれくらいじゃ死なないわよ。」

理沙子の瞳が妖しく光る。

ミミ「(そりゃ今までに何人もの犠牲を重ねてきたんだものね・・・)」
南「(間違いない。これはもう何人か殺っている目だ・・・)」

理沙子「何考えてるの?」

ミミ・南「ひっ、いや、別に。」

理沙子「まあ、利美の無事も確認したことだし、そろそろ行きましょうか。
あっ、そうそう、お医者さんに聞いたら10日ほどで退院できるらしいわ。
2ヶ月もすれば完治してまたリングに上がれるだろうって。
それじゃ、一足先にベルトを持って待ってるからね。」

理沙子はお見舞いのフルーツを置いて病室を出て行った。

ミミ「レントゲン見たけど、肋骨も腕もきれいに折られてたわね。左肩もそんなに酷くないし。
理沙子なりの愛情表現ってやつなのかな。私はもう二度と勘弁だけどね。
でもあんな理沙子見たのは久しぶりよ。これまで自分の実力出し切れなくてよほどストレスがたまってたのかも。
なんだか額のしw(以下自主規制)も減ったし、お肌もツヤツヤで若返った感じがするもん。
あなたもせっかく2ヶ月も休暇がもらえるんだから、しっかりと自分を見つめなおして戻ってきなさい。」

南「理沙子さん(に若さを吸い取られた?)・・・」



一方、新女一行の宿泊するホテルの一室
祐希子「ねえ恵理。次の試合理沙子さんなんだよね。」

来島「そうだけど何だ?」

祐希子「この前の理沙子さんやばかったよ。あれ絶対やばいって。」

来島「何が言いたい?また化粧が落ちてたってかw」

祐希子「いや、えーっと、そのー、この前のミーティングで『ババァ』って言った事を謝っておいたほうがいいんじゃないかな?」

来島「はぁ?」

祐希子「私も理沙子さんのことを『過去の人』なんて言っちゃったけど、あれは記者に上手くのせられちゃっただけだしぃ・・
理沙子さんは私が子供の頃からの大スターで大先輩だしぃ・・」

来島「あのな、ババァにババァと言って何が悪いんだ?お前が勝ってあのおばさんの時代は終わったの。
それで次の時代は俺とお前が作るの。わかる?」

祐希子「そりゃそうだけどさぁ・・」

来島「心配するなって。俺も前の試合見て覚悟決めたんだよ。
『殺らなければ殺られる』ってな。市ヶ谷戦では不発だったけど、我に秘策ありだ。」
動画 アダルト動画 ライブチャット