179 :名無しさん:2009/10/06(火) 01:59:39 ID:???
「新女恒例の年末タッグタイトル開催。求む、真の友情世界一か…」
 
 いつものようにジムで汗を流しつつ、休息がてらに開いた新聞記事を読んで、菊池は尊敬する世界女王マイティ祐希子を顧みた。

「祐希子さん、ウチにも出場申請書が来てますよ! もちろん祐希子さんは来島さんと組んで出場するんですよね?」

「興味ないわねぇ。どうせ出場すれば私と恵理のチームが優勝するのはみえているからね」

 タオルを一枚かけただけの半裸姿で牛乳をごくごく飲んでいた祐希子はぷはーっ、と息をついてから不遜にもそんな事を言ってのけた。

「しかし、南さんやめぐみちゃんがチームを作って出場すれば強敵になりますよ」

「あの娘たちはみんな私の友人よ。わたしのチームの優勝のために協力はするだろうけど、わたしを倒そうなんてやつは一人もいないわ」

 その時、コンコンとジムの扉が叩かれて丁度話に出ていた南たちがぞろぞろと入ってきた。

「どうしたの? みんなそろって」

「祐希子、話があるの。ちょっと付き合ってくれない」

 なにか強引に促されて、祐希子は頷いた。そして……。

「えーーっ!? あんたら全員タッグトーナメントに出場するですって?!」

「私たちもいろいろ考えてみたの。このまま友情友情と言っていていいのだろうかと…」

「いいじゃない! みんな仲良くしていれば!! 仲間でしょ」

 南の言葉に祐希子はなんとか反論しようとする。しかし

「私たちはみんな打倒祐希子さんに燃えていた筈。しかしいつのまにかその考えも薄れてしまった」

「これではいけない。いつまでもこんな事をしていればいつか私たちはダメになってしまう……とそう思っていたところへ今回のこの話です」

 後輩たちも次々と口をそろえて祐希子への反旗を翻していく。

「ま、待って! みんなもう一度考えなおしてよ」

「もう遅いわ。私はすでに千種とのめぐちぐコンビでのタッグトーナメント出場を申請済みよ」

 武藤の言葉に結城がコクリと頷く。

「いくわよ、千種」

「め、めぐみ! 千種!」

 去っていく二人。さらに真田が頭を掻いて言う。

「祐希子さん、すいませんッス。自分も近藤と組んで出場を決めちまいました」

「なぬ!?」

「悪く思わないで下さいッス」

「おい、コラ待て!」

 半泣きでこぶしを突き上げる祐希子。

「私も新女に入って少しは丸くなったけど……貴女を打倒する心に変わりはない」

 南はクールに背中を見せ、最後に少し振り返ってから

「タッグパートナーに心当たりがある。そいつと組んでトーナメントに出場するわ」

「と…利美――っ! ……恵理! みんなを止めてよ!」

「無駄だよ、誰にも彼らを止める権利はない」

 来島は答え、祐希子はがくりと膝をついた。


 ククククク……これで祐希子たちの売りものであった友情パワーは滅茶苦茶だ……。


 陰で笑うガルム軍団。はたして祐希子たち正規軍の運命はどうなるのであろうか?
184 :名無しさん:2009/10/07(水) 00:43:55 ID:???
そして大会当日、リング上には山田遥&羽田和子のモスト・デンジャラスコンビ。

武藤&結城のめぐちぐコンビ。

謎の怪覆面コンビ、ヘルミッショネルズ1号・2号。

ボンバー来島&寿零のマッスルブラザーズ。

チョチョカラス&AGEHAの4次元殺法コンビ。

南利美&ビューティ市ヶ谷の2000万パワーズ。

真田美幸&近藤真琴の打撃コンビ。

がリング上に出揃っていた。

さらにガルム小鳥遊&オーガ朝比奈の乱入コンビが、パートナーがいまだに決まらない祐希子組を差し置いて、飛び入りの大会参加をうまく口車を使って認めさせようとしていた。その時…

「まてーっ! みんながいくら認めようがこのわたしがその二人の参加を認めはしない!! 委員長、すっかり遅くなったけどマイティ祐希子が新パートナー、パンサーマスクをつれて8チーム目として入場するわ!!!」

 ざわざわ…ざわざわ……ざわざわ………。

「パンサーマスクの正体はいったい…!?」

「ケッ…大方、その辺のオバハンを捕まえてマスクを被せただけだろ! こうなれば実力行使だ!! 弱体チームには大会参加をご遠慮願おうか!! ねぇ、祐希子さんにパンサー理沙子さん!?」

「な、なにぃ!?」 

 いきなり正体を見破られて動揺する祐希子&理沙子コンビ。

「弱体チームだと、その言葉取り消せ―っ!」

「これは私の女としての名誉の問題よ!」

 飛びかかろうとする二人をさらにあざ笑うガルム小鳥遊。

「お前たちに名誉なんてものがあったのか?」

「ゆるさん!!」

 ダブルドロップキックを放つ祐希子&理沙子。あっさりと両足をガルムとオーガに掴まれてジャイアントスイングで振り回される。

「くらえーーっ!」

「ぐぁっ!」「ぎゃっ!」

10回転ほど回されてから、はちあわせで二人は互いの身体を叩きつけられ、反動で大きく宙を舞わされる。

「いいぜ! ガルムの大将!!」「おお!」

 朝日奈がマット上で理沙子をロメロスペシャルの態勢で捕らえて待ちかまえ、宙を高く飛んだガルムもまた空中で祐希子をロメロの態勢で捕まえた!

「くらえーーーっ!!!」

 そのままロメロスペシャルではちあわせにしようとするガルム&朝比奈! 

「いやぁぁぁあああぁぁあああああーーーーーーっ!!!!!!」

祐希子と理沙子はそれぞれ恐怖の声を上げながら為すすべもなく……。

「地獄のコンビーネーション!!」 

グワシャア!!!!!!!! リング上で大の字になって伸びる二人。

「これで規定どおりの8チームになったわけだな」

 何事もなかったかのようにパンパンと手で埃を叩いてガルムが言うと、大会委員もそれを認めて、二人が無様に白目をむいて失神しているリング上に他のチームが上がってくる。

「役者は出揃った! あとは試合開始のゴングを待つばかりだ――!!」






187 :名無しさん:2009/10/07(水) 23:00:47 ID:???
>>184
少し原作と相違が出てる来るが。

あまりに不甲斐ない祐希子組の醜態に大ブーイングの観客。
やがてよろよろとマイティ祐希子が立ちあがる。
驚愕しつつも構えを取るガルム&オーガ。
ガルム&オーガ「やるか・・!?」
祐希子「冗談はよして。こんな体じゃ戦えないわ・・・」

合体技を受け満身創痍の祐希子。
膝を震えさせながらも必死の形相で2人の悪行レスラーと向かい合う。
生き恥を晒した彼女がなお立ち上がる理由とは・・・・

「けじめよ・・。
私たちが弱いばっかりに迷惑をかけた観客と2000万パワーズに対する・・・・・・」
南「祐希子・・・!!」
祐希子「本来なら私たちと、あなた達2000万パワーズの対決だったんだ・・・。
さあ、どちらでもフォールして!!」
仰向けに倒れる祐希子。
かつての盟友はプロとして彼女の矜持を汲み取るのであった。

その後、およそ1時間・・・祐希子の悲鳴が会場にこだました。


メリメリゴキゴキ・・・
南「完全決着はあなたの口から『ギブ』を言わせてからよ!!」
祐希子「ぎゃあややああああびうううぶうええうえぶえええええええ!!!!」

ズウウウウンン ズウウウウウンン
市ヶ谷「私のビューティーボムで失神KO!!それ以外の決着、このビューティー市ヶ谷は到底認められませんわ!!」
祐希子「がぶぅううう!!ひいいいい!!!がぶううううううう!!!」

かくして開会のセレモニーは予定時間を大幅に超えて終了と相成った。


あとパンサーマスクは、なんかマスコミにフラッシュたかれて、いつの間にか死んでた。
動画 アダルト動画 ライブチャット