41 :名無しさん:2009/09/13(日) 00:14:32
中華嬲りが意外に好評だったので、調子に乗って・・・
某超竜の人をモデルにした妄想キャラが出てきますがご容赦下さい。
そー言うの嫌な人は、スルーでお願いします。m(__)m


「っくッ・・・」
筋肉の塊のような女傑の腕の一振りで、またも吹き飛ばされるカンナ神威。
既にその息は荒く、マスクの下の表情には苛立ちと焦りが浮かんでいる。
カンナの目の前で、勝ち誇るようなアピールを続ける女傑、スカリー・モートン。
元・女子アームレスリング三年連続世界王者(ソレも左右両方の腕で)の肩書きを持つ、キャリア一年のルーキー。
そのルーキーが、初来日と同時に、この団体に衝撃を巻き起こしていた。
来日初戦の6人タッグでは、中森、永沢、滝をほぼ一人で叩き潰し、
二戦目でラッキー内田が、三戦目で桜井千里が、その常識外れのパワーの前に秒殺koされていた。
四戦目、真っ向勝負を挑んだ楠木悠里は、今は病院のベッドの上である。
そんなモンスターにストップをかけるべく、五戦目のリングに上がったのが、
この団体の準エース格の一角で、団体一の技術を持つ、カンナ神威だった。
カンナなら、あのモンスターを止めてくれる、まさに柔よく剛を制す、を見せてくれると、
ファンは期待していたし、そう信じていた。
だが試合が始まると、ファンの予想に反し、カンナは苦しい闘いを強いられる。
カンナの想像をはるかに超えるモートンの剛力。
組み付きバランスを崩そうと試みても、深く根を張った巨木のように微動だにしないモートン。
逆に腕の一振りで吹き飛ばされるカンナ。
ならばと足元から崩さんと考えるも、
二戦目で、タックルに入るや否や引っこ抜かれ、そそのまま叩きつけられて開始10秒で失神した内田の姿が脳裏をよぎり、
どうしても、低いタックルを躊躇してしまう。
打撃で崩さんと試みても、桜井の打撃を全て弾き返したその肉体には、まるで通じない。
逆に、逆水平チョップ一撃で悶絶させられるカンナ。
「カマーン!」吼えるモートン。乱暴にカンナの髪を掴み、引き起こす。
刹那、その腕を掴むや身をひるがえして、脇固めに入らんとするカンナ。
だが、女傑はまるで動かない。
逆に、軽々と抱えあげられ、サイドバスターで叩きつけられるカンナ。
「かはッ・・・」重量級の一撃に、息をつまらせ悶絶させられる。
何をしても弾き返され、叩き伏せられる展開が続き、焦燥感ばかりがつのって行く。
(技術が・・・神威流が通じない・・・?何を考えている!そんなわけが無いッ!)
脳裏に浮かび上がる弱気を打ち消し、立ち上がるカンナ。

42 :名無しさん:2009/09/13(日) 00:17:45
豪腕を振り上げ突進してくるモートン。
カンナは、その腕をかわすや否や組み付き、跳び上がる。
初めて見る動きに、棒立ちとなるモートンに絡みつき、体を回転させ一気にグラウンドに引きずり込む。
意表をつかれたモートンは、意外なほどにアッサリと転がり、この日初めてマットに背をつく。
(二度目は無い。ここで決める!)一気に腕十時の体勢に入るカンナ。
関節技のスキルも知識もないモートンは、まるで対応できず、完璧に極まる腕十字。
来日以来、初めて発せられるモートンの悲鳴が会場内に響く。
カンナの逆転劇に、爆発する会場。
叫ぶカンナ「タップしろ。しなければ折るっ!」
聞こえているのか居ないのか、生まれて初めて味わう激痛に、モートンは顔を真っ赤に高潮させ、絶叫するだけ。
その声は悲鳴というよりも、もはや咆哮。
事実、モートンは怒っていた。
このマスクをした女は、自分の腕を折ろうとしているのだ。
幾度も世界を制した腕を。自分の誇りであり、存在の証そのものである腕を。
怒りの咆哮を上げるモートン。
一向にタップしない女傑に、覚悟を固めるカンナ「腕一本貰う。恨むなッ!」
両脚でその丸太のような腕を締め付け、上腕を抱え抱くように固定、体を反らせ下腹を突き上げる。
だが、動かない。
その剛腕は破壊されるどころか、筋肉が隆起し、
あろう事か、抱え込んでいるカンナの体ごと、起き上がり始める。
騒然となる館内。
背がマットから浮き、腕に引かれて上体を引き起こされ、愕然とするカンナ。
咆哮をあげながら、カンナを腕に絡みつかせたまま起き上がってくる怪物。
両腕をクラッチすると、咆哮と共に、腕に絡みついたカンナの体を一気に、そして高々と引っこ抜く。
モートンとカンナの体が垂直になり、一瞬の静止、
次の瞬間、凄まじいスピードでマットへ振り下ろされるカンナの体。
クラッチしていた腕を放す間もなく、まるで受身を取れないまま、叩きつけられ、跳ね上がるカンナの体。
あまりの衝撃に、静まり返る館内。
完全に力が抜け、まるで動かないカンナを力ずくで引きずり起こすモートン。
力が抜け切り、糸の切れた人形のようになったカンナの体を、高々と抱えあげ、パワーボムで叩きつける。
恐ろしいスピードで、マットへ吸い込まれるカンナの体。
衝撃で激しくバウンドした後、痙攣を繰り返すカンナ。
その体を、またも引きずりあげるモートン。さらに叩きつける。
パワーボムというよりも、その人間離れした怪力で高々と抱えあげ、思いっきり叩きつける、ただそれだけの凶悪な代物。
壁に投げつけられたトマトのように、車に轢かれたカエルのようにマットに貼り付くカンナ。
白目をむき、痙攣を繰り返すだけになったカンナの頭を掴むモートン。
そのマスクをいとも簡単に引きちぎり、素顔を晒させる。
美貌と噂されるカンナ神威の素顔、だが、今晒されているそれは、
白目を剥き、だらしなく開いた口から涎をたらす、無残な顔。
モートンは、カンナの髪を掴んで引き起こすと、その剛力で、力の抜け切ったカンナの体を思いっきり抱きしめる。
締め上げられ反り返り、泡を吹きながら、ビクっビクッと大きく痙攣するカンナ。
黄色い液体が、カンナの宙に浮いた両脚を伝い、マットに水溜りを作っていく。
ようやく我に返ったレフェリーがゴングを要請。
鳴り響くゴングの中、モートンを引き剥がそうと殺到するセコンド陣。
腕を振り回し、セコンド陣を吹き飛ばし、暴れるモートン。
その足元でビクビクと痙攣を繰り返す、素顔を晒したカンナ神威・・・。
動画 アダルト動画 ライブチャット