639名無しさん:2010/02/22(月) 00:05:11 ID:???
まとめを眺めていたら、ふと>>573の覆面コンビを再現したくなったのでスーパーレッスルをやってみた。
まずは上原さんをスカウトし覆面をかぶせエムサンド(略称名:Mサンド)に改名。
次の月にゆっこをスカウトし覆面をかぶせマスクド・M(略称名:ドM)に改名。さらにイス攻撃と凶器攻撃を習得させた。
このセーブデータを使ってエキジビションでタッグマッチを観戦。相手は>>555での雪辱を果たすべく市ヶ谷と龍子を選択した。

試合はMサンドの意外な頑張りもあり一進一退の攻防が続いていた。何度かのタッチワークの後、Mサンドと市ヶ谷がリングに。
評価値では4人の中で最も劣るMサンドだったが得意の飛び技に投げ技を絡め市ヶ谷を翻弄、ミサイルキックからフォールに繋げる。
だが市ヶ谷はこれをカウント2.5で返すと逆エビ固めで反撃し龍子にタッチ。
ここまでは評価値を覆す活躍を見せたMサンドだったが流石に疲れが出たのか、ブレーンバスター・パイルドライバーを立て続けに喰らいフォールされる。
しかし3カウント寸前、ドMのカットが成功し事なきを得ると、Wドロップキックで反撃、そのままドMがリングインする。
代わったドMは延髄斬り・バックドロップ・フライングニールキックの連続攻撃であっという間に龍子を追い込むとフォールに入る。
市ヶ谷のカットは失敗に終わるも、龍子はカウント2.8で自力でフォールを返す。
勢いに乗ったドMは攻撃の手を緩めず、凶器攻撃で止めを刺そうとする。
しかし、この技の選択が後から振り返ればドMにとっての痛恨のミスとなった。
龍子はドMから凶器を奪うと逆にその凶器で反撃、ピンチを脱すると市ヶ谷にタッチ。
代わった市ヶ谷、合カードを引くと龍子と共にWブレーンバスターでドMをリングに叩きつける。
再びリングインした龍子、ここで特カードを引き必殺のプラズマサンダーボムを放つ!
一転、窮地に追い込まれたドM、そのままフォールされるもMサンドのカットが間に合い試合続行。
龍子はすぐさま市ヶ谷にタッチ。そしてリングインした市ヶ谷の引いたカードは先ほどに続いての特カード!
すでに虫の息のドMに必殺のビューティボムが炸裂!!
今度はMサンドもカットに入れず、そのまま3カウントを奪われ試合終了。
Mサンドの奮闘で試合を優位に進め勝利まで後一歩と迫った覆面コンビ。しかしドMの少しの油断から大逆転負けを喫してしまった。

という訳で雪辱を果たすどころか見事なまでに返り討ちにあったゆっこでした。
ヒールっぽさを出すためにわざわざ覚えさせた凶器攻撃から反撃の糸口をつかまれたり、その後龍子と市ヶ谷の必殺技を交互に喰らってKOされるとか、ゆっこには何か隠しパラメータが設定されているのではと勘繰らざるを得ない。
上原さんの必死の頑張りを無駄にしてしまうところも何だかゆっこらしいと思った。
動画 アダルト動画 ライブチャット