953名無しさん:2010/05/03(月) 20:40:53 ID:???
楽しそうなのでみぎりモーガンペアを試しに巫女メイドとやらせてみたらひっどいことになったw
評価値以上に破壊力がハンパなくて手がつけられんぞ、こいつら。
965名無しさん:2010/05/04(火) 04:11:26 ID:???
【勝手に改訂版】

〔エキシビション〕

○大空みぎり&クリス・モーガン
VS
×草薙みこと&メイデン桜崎
(超高層ボディスラム→体固め)
試合時間28分30秒


今回のタッグトーナメントで全く良いところの無い最強ご奉仕巫女伝説。
エキシビションという名の、不甲斐無い彼女たちへの愛の鞭とも取れる一戦は残念なことに予想通りとなった。

開始早々にみぎりの首にみことが飛びつくように組みかかるといきなり伝家の宝刀、草薙流兜落しを炸裂させ巨体をリングに這わせる。
あまりにも綺麗に決められキョトンとしたみぎりの表情からは、しかし深刻なダメージは伺えない。
彼女のタフネスは織り込みずみかさらに細かい打撃に関節技と、みぎりの苦手な分野を的確に突いて攻め立てる。
ここに来てようやくみことが本来の姿を取り戻したようだ。
スロースターターのみぎりは対処にもたつき堪らずモーガンがタッチを要求。ここで両陣営とも選手交代。

なおも最強ご奉仕巫女伝説の攻勢は続く。
裂帛の気合いとともに駆ける桜崎がリングイン直後のモーガンに必殺のフライングニールキックを見舞う。
不意をつかれよろめくモーガンに、更に立体的な空中殺法と巧みな関節技を繰り出しリズムを掴む。
串刺し式のドロップキックでコーナーにもたれるモーガン。観客に存分にアピールし、彼女の金髪を掴みリング中央に戻る桜崎の予想外の健闘。
まさかの大金星を期待したファンも少なくなかったろう。

事実、この試合の二人の作戦は決まり過ぎるほどに綺麗にハマっていた。
試合の組み立てが上手いとは決して言えないみぎりを速攻のラッシュで引っ込め、モーガンには奇襲から彼女の数少ない穴である飛び技とサブミッションで翻弄する。
巨人とポセイドン。反則とまで言われたこの凶悪コンビを狩るのには理想的な展開と言える。

966名無しさん:2010/05/04(火) 04:12:45 ID:???
しかし、そう易々と行かないのが覇者の覇者たる所以である。
リング中央。さらにここからサブミッション地獄に引き込もうかという桜崎だったが、ハンマーブローで動きを止められロープに振られるとパワースラムの洗礼を浴びてしまう。
即座にみことがカットに入るが、ここから海神の反撃が始まる。重く厳しい打撃と投げ技。見る間に桜崎の体力が失われ、肩で息をしはじめる。
さらにツープラトンのパイルドライバー。想像して欲しい。加減を知らぬあのみぎりがアシストに加わったパイルドライバーを。
辛うじて桜崎が起き上がれたのは、よほどモーガンの桜崎のコントロールが上手かったのだろうか。
ロープづたいに自コーナーに覚束ない足取りで引き返す桜崎をモーガンは悠然と見送る。

タッチ直後。再び流れを取り戻すべく草薙が本日二度目の兜落しを敢行!しかしモーガンこれを受けて立ち、お返しとばかりにポセイドンハンマーを叩き込む。
空中で回転しながら頭からマットにたたき付けられたみことを引き起こすとニーリフトを二発、三発とボディに突き刺す。
苦悶の嗚咽と胃液を口から吐き出し、目を涙で濡らしてマットにへたり込むみことと余裕たっぷりにその様を見下すモーガン。
試合序盤の猛攻がまるで嘘のような光景。僅かの間にほぼモーガン一人でみことと桜崎の勢いを完全に止めて見せた。

行き掛けの駄賃とばかりにみことを自コーナーに引きずると、太鼓の乱れ打ち。なんのことはない拳を二人掛かりで振り下ろすだけの技。
しかし、弱り切った彼女がみぎりとモーガンに殴られて背中を丸めて耐える様は惨めとしか言いようがない。

しかしまだ彼女は諦めていなかった。拳の雨が止み、タッチしたみぎりがリングインした刹那に三度目の兜落しを試みる。
背の高いみぎりの首に飛びつき全体重をかけて…まるで同じVTRを巻き戻してみているような感覚。
…しかしそこから先は同じように行かなかった。
みぎりはしっかりと足を踏ん張ると兜落しを堪えてみせた。彼女の首に腕を絡めたまま呆然とするみこと。
それを力付くで引きはがしてマットにはたき落とすと、必殺のギロチンフォール。超重量の刃が振り下ろされた。
血ヘドを吐いて力無く横たわるみこと。これを桜崎がカットに入るが、思えばここで3カウントを聞いたほうがよかったのかもしれない。

967名無しさん:2010/05/04(火) 04:15:58 ID:???
もはや虫の息といった体で起き上がったみこと。
無意識の防衛本能か、みぎりの追撃を振り払おうと出した掌底が彼女の顎を打ち抜く。
軽い脳震盪を起こしたらしくカクリとみぎりの片膝が折れた。

生まれた一瞬の隙。まさに生還の機会だ。
張り裂けんばかりの悲痛な涙声で背後からタッチを要求し、腕を目一杯伸ばす桜崎の姿に我に返るみこと。
一歩、二歩と足を引きずりながら自コーナーに戻るみことの顔には微かな笑みが浮かんでいたように見えた。

あと半歩で二人の指先が触れ合う距離。そこでみことの動きが止まる。
脳震盪から回復したみぎりの大きな掌がみことの肩をガッチリと捕まえた。フワリと体を持ち上げられるみこと。
これから何が起こるか分かったのだろう。抱き上げられながら、恐怖に引き攣った悲鳴を上げ足をバタつかせ腕を懸命に桜崎に伸ばす。堪らず乱入しようとロープに足をかける桜崎。
しかし全ては遅かった。

みことが二メートルあまりの高さから投げ落とされる。みぎり必殺の超高層ボディスラム。
マットが激しく揺れ、みことの体がバウンドし髪が解けて無残に広がる。
あろうことかさらに引きずり起こすともう一撃、超高層ボディスラムを見舞った。
衝撃で脱臼した手足が糸の切れた人形のようにあらぬ方向に曲がり、ピクピクと痙攣する。

既に起き上がる筈もない彼女をゆっくりとフォールするみぎりは「カットしなくていいのか?」とでも言いたそうに桜崎に視線を向けた。
しかし桜崎は動かなかった。いや、動けなかったが正しいだろうか?
目の前で圧倒的な力でパートナーが蹂躙され壊される一部始終を見てしまった恐怖を覚えても不思議はない。
コーナーでロープを掴んだままの桜崎の膝はガクガクと震えているように見えた。
そのままカウント3。タンカで運ばれるみことに付き添う桜崎の表情はまるで抜け殻のようだった。


振り返ってみればみことと桜崎の戦い振りは決して悪くなかった。いや、このトーナメントで初めて彼女達が本来の力を発揮したと言ってもいい。
成す術もない強大な敵に思えたみぎりとモーガンに実に理想的な作戦を立て果敢に挑んだ。
しかしモーガンは更に上手をいった。何より二人のリズムを止めることを第一に置いたモーガンは、相手の攻撃を受けた上で必殺技を叩き返し地力の違いを見せ付けた。
桜崎がモーガンに背を見せた時点であの二人は完全にモーガンに飲まれていたように思える。

試合終盤。なんとか一矢報いんとするみことを支えたのは、ここまで不甲斐無い試合が続き桜崎に負担をかけたことへの彼女なりの贖罪だったのだろうか。
しかしみぎりの暴力の前に散り、心身ともに深い傷を負った彼女の今後が心配される。
また、それを見ていながら足が梳くんだ桜崎の苦悩はいかばかりだろう。
蹂躙されるパートナーを救いにいけなかったことが、彼女の心と二人の信頼関係に傷跡を残さぬことを願いたい。

動画 アダルト動画 ライブチャット